【ブランド買取】どのような仕組みになっているの?

ブランド買取に対して、みなさんはどの程度ノウハウをお持ちでしょうか。

ブランド買取業者は全部同じ価格で買取してくれるということではありません。

何もリサーチしないことで、みなさんは相当損をしてしまっているのかもしれないですよね。

ブランド買取は業者によって違う

さて、ブランド買取業者は実際にどの程度違うのでしょうか。ちなみに、ルイヴィトンのメンズ商品、ダイガ トラベルケースをブランド買取業者に査定のお願いをしたところ、 あるブランド買取業者では、買取価格25,000円、また違うブランド買取業者では21,000円だったり、更に20,000円だったりしました。

ブランド買取業者に、統一感があった方がいいという人たちもいるかもしれませんが、こうまで違うから、私達はブランド買取で得することが出来、逆に知らなければ損をしてしまうこともあります。

人気ブランドのルイヴィトンは中古相場が安定している方という言われ方をしています。それなのにブランド買取業者に依頼すれば、この程度の差が出てしまうのです。

ということは、もっと他のブランドでは得する体験が、リサーチによって出来てしまうということです。

でも、みなさんお仕事も忙しいですし、なかなかリサーチが出来ないのかもしれないですよね。

買い筋の違いによって買取価格の違いがある

なんで、ブランド買取業者でこんなにも買取価格が違うのか、疑問と言えば疑問です。

もちろん買取業者の方針なども価格に反映して来たりするでしょう。更にブランド買取業者がどこで売っているのかとか、得意分野や買い筋によっていろいろ価格の違いが出てきてしまうでしょう。

しかし、どのような方法でもって買い筋の違いなんてわかることが出来るのでしょうか。

実際のところは、ブランド買取業者のみ知る闇の中ともいうことが出来ます。

買取専門店

ブランド買取業者の違いは、私達にストレートにわかる部分もあります。 買取専門店で買取をしてもらう時もあるでしょう。

買取専門店は、商品を販売する店舗を持たないで買取を専門にしている業者です。

「なんぼや」「おたからや」「エコリング」「ゴールドプラザ」と言ったお店は、そのような形態を採用しています。

「なんぼや」「おたからや」「エコリング」「ゴールドプラザ」では、当然どこかに販売ルートを見付けていかなければなりません。
多くは、小売り店に業者オークション・卸販売という方法でしょう。

このような販売形態では、業者への売却を前提としているから、どのようなブランド商品を持ち込んでも、オールラウンドに買取してくれることでしょう。

ただし、滅茶苦茶高い価格での買取もそれ程期待出来ないかもしれません。

小売り・買取店

小売り・買取店という形式を採用してているのは、「コメ兵」「ブランドオフ」と言ったお店です。それらは自社で業者オークションも運営していたりしてオールラウンドに買取をし、特定ブランドに強いなど特色も出てくるでしょう。

https://kaitori.news/kaitori-hikaku-1406#4-6