成人式の成り立ち

成人式と言えば、20歳を迎える人達が集まって大人になったお祝いをする行事です。女性は振袖を着て、とても華やかな雰囲気を醸し出しています。しかし成人式とはいつからどんな風にできたのか知っていますか?成人を祝う儀式は古くからありました。皇族の成年式は1909年から1947年まで行われていたそうです。日本の現在の形の成人式は、1946年埼玉県北足立郡蕨町(現:蕨市)で行われた「青年祭り」がルーツと言われています。当時の日本は敗戦により虚脱状態だった時代でした。そこで未来を担う青年達を励ますため、青年祭を行ったのです。その後日本政府がこの蕨町で行われた「青年祭」に影響を受け、1949年1月15日より「成人式」としました。一つの町の祝い事が全国に広まったのは、知らなかった人も多いでしょう。1998年の祝日法改正によって、2000年からは1月の第2月曜日が成人式になっています。開催は市町村にある体育館や大きなホールなどで行われることが多いです。地域ごとに様々な趣向を凝らした式典を、毎年メディアなどで目にすることも多いです。成人式の趣向は「大人になったことを自覚して、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます」とされています。最近でははしゃぎ過ぎてしまう若者が多く、大きな問題にもなっています。きちんとした成人式の成り立ちを知り、これから大人として生きる意味を見出せるような社会になってくれると嬉しいです。

振袖レンタルのカタログ