振袖とは

振袖とは他の着物に比べて単に袖が長く「振り」というのは長い袖を振ることができるからといったイメージを漠然と抱いている人も少なくないと考えられますが、一般的な着物と振袖の違いはほかにもいくつかあり、女性が着用する着物の中ではかなり特殊な衣装であることがわかります。着物にはあまり詳しくない人にも比較的よく知られているのが、振袖は「期間限定」でしか着られないことで、かつては未婚女性が着るものという暗黙の決まりがあったことから、ある程度の年齢を超えてしまうと未婚であっても振袖は着用しなくなるのが当たり前とされてきました。特に絢爛豪華な色柄の振袖の場合、二十歳を超えてだいぶ経ってから着ていると演歌歌手のようなムードが漂うされ、どんなに気に入った振袖であっても一定の年齢以上になってから着用してしまうと着物の知識が皆無と思われたり、場合によってはTPOをわきまえていない人という見方をされることもあります。振袖の「振り」は振るほど長い袖という意味ではなく身頃側のほうの袖端を縫い付けない状態を指し、袖側が振八つ口で身頃側の縫い付けていないほうを身八つ口と呼びます。袖丈の長さによって大・中・小に分類されていますが、現代では小振袖はほとんど見られず、成人式で着用されるのは本振袖とも呼ばれる大振袖です。一昔前は親族や友人の結婚披露宴など成人式以外にも振袖を着る機会が少なくなかったことから、成人式に向けて振袖を購入して、既婚もしくは一定の年齢になったら袖を短くして訪問着に仕立て直すという考え方が現在よりも一般的でした。そのため袖を短くしても違和感がない柄や、極端な派手さがない振袖が好まれたものですが、成人式以外にはほとんど着る機会がないとも言える昨今では、袖を短くすることまで考えてやや落ち着いた雰囲気の振袖を選ぶよりは、いかにも振袖らしい華やかな色柄にしたいと考える人が少なくありません。振袖に関しては成人式のみの着用というケースが目立ってきたこともあって、一度きりのために高額の費用を支払って購入するよりはレンタルにして、ほかに欲しい物を買ったり海外旅行の費用に充てるといった使い方をする人も多くなりました。江戸時代に未婚女性が関所を通る折、振袖を着ていないと年齢や身分を偽っていると役人に疑われる恐れがあったことから、関所の近辺には貸し振袖業を営む店があったと言われます。振袖レンタルは江戸時代から重宝されていたことになります。

振袖レンタルのカタログ